難しくない!リノベーションと税金のカンケイ

建物の利用価値を変える

建物の利用価値を変える

建物の利用価値を変える リノベーションと言う言葉を聞く事が多いと思いますが、似た言葉のリフォームとの違いが意外と認識されていないと思います。
リフォームは古くなった部分を新しく綺麗にしたり、雰囲気を変える模様替え等の為に改装する事を指します。それに対してリノベーションは古い住宅等のを大規模改造し、新たな利用価値を付与するケースに使用される言葉です。
例えば、京町家等の古民家を風情だけはそのまま残し、内部を住みやすい現代的な住宅に変更したり、宿泊施設や飲食店や物販店に変更する場合などに使われます。
また古いマンション等の間仕切り等を全面的に撤去し、建物の骨格だけは活かして、全く異なる現在の生活にマッチした部屋に造り替える場合にも使用されます。
これはマンションと言う意味では同じ用途ですが、新たな生活様式と言う価値を吹き込む大改造である事から、リノベーションマンションと呼ばれているのです。
住宅や店舗の検討をする際には、新築にこだわらず、こうしたリノベーションと言う発想を大切にするのも一つの方法と言えるでしょう。

リノベーションで外壁に塗って良い色の条件とは

リノベーションで外壁に塗って良い色の条件とは リノベーションとは家族構成やライフスタイルに合わせて内装や外装工事をしえ機能面をアップをすることで、修繕やバリアフリー工事など生活するうえで必須な工事のリフォームより、もっと気軽に気分転換できる工事のことです。
雨漏りや外壁がはがれていない限り、耐候性向上のための外壁の塗装やサイディングボードの張り替えなどはリノベーションにあたります。
持ち家の場合は好きに塗り替えて良いだろうと思いがちですが、2004年に国によって景観法が制定されて以来、自治体でも景観形成基準を定めている地域が多く、住宅などの小規模建築も改築の際には景観形成を順守しなければなりません。
周辺と調和することが第一条件で著しく際立つ印象を与えないような色の塗料として、低彩度で暖色系高明度の外壁を良しとしています。
これは白色や灰色にわずかに黄みを帯びる色であり、具体的にはうすいベージュやクリーム色です。
結果的には一番飽きの来ない色でもあり、リノベーションで失敗しないためにあえて自治体が定めてくれているとも言えます。

新着情報

◎2021/2/14

リノベーションで資産を守る
の情報を更新しました。

◎2020/12/8

建物の利用価値を変える
の情報を更新しました。

◎2020/10/9

固定資産税は下がる?
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

固定資産税が増える時
の情報を更新しました。

◎2020/06/30

サイト公開しました

「リノベーション 価値」
に関連するツイート
Twitter
Copyright (C) 2020 難しくない!リノベーションと税金のカンケイ. All Rights Reserved.